育毛シャンプーの種類とタイプ

育毛の原因に様々な要素があるように、個人によって育毛に必要な要素も違ってきます。体質的に合わない育毛シャンプーを使っても、かえってダメージにつながってしまうこともありますから、注意してください。

 

まず、育毛シャンプーには4つのタイプがあることを知っておきましょう。

 

4つの種類とは、男性ホルモン抑制タイプ、毛母細胞活性タイプ、皮脂抑制タイプ、血行促進タイプです。これらのいずれに自分のタイプが合致するのかを知れば、適切な育毛シャンプーをより効果的に使用することができるでしょう。

 

男性ホルモン抑制タイプ

 

男性ホルモンと結びつくと、抜け毛の原因となるDHTという物質に変化する成分があります。5αリダクターゼと呼ばれる成分で、男性の抜け毛の原因の多くを占めているといわれています。5αリダクターゼを抑えるタイプの育毛シャンプーが、これです。

 

毛母細胞活性タイプ

 

体内での細胞分裂を活発にさせると、当然のことながら体全体がイキイキしてきます。その影響は髪にもおよび、細胞を活性化させる成分である不飽和脂肪酸は重要視されているのです。

 

毛母細胞活性タイプの育毛シャンプーには不飽和脂肪酸が多く含まれており、髪の細胞分裂を促してくれます。

 

皮脂抑制タイプ

 

皮脂が過剰分泌している頭皮からは、髪が生えにくくなります。皮脂が毛穴に詰まって、栄養が行き届かなくなったり、毛が伸びようとする力を阻害してしまうからです。

 

頭皮に必要以上な皮脂を守って、不要な皮脂だけを取り除いてくれるのが、皮脂抑制タイプの育毛シャンプーです。ビタミンB6や硫黄などが多く含まれているのが、特徴です。

 

血行促進タイプ

 

血管を拡張して血液の流れを向上させたり、血液を生み出す作用がある成分に、塩化カルプロニウムやセファランチンなどがあります。

 

これらの成分を含んでいるのが、血行促進タイプの育毛シャンプーです。育毛以外にも使われていた成分ですが、育毛にも効果があることがわかり、シャンプーに配合されるようになったのです。