育毛シャンプーの効果が現れる時期

育毛シャンプーに期待して使い始めてみた人の中には、すぐに効果が感じられないことに疑いを抱いたりすることもあるかもしれません。

 

しかし、どんな育毛対策でも、今日始めたら明日効果が出るものではありません。というのも、髪には周期があり、育毛効果もそのサイクルにあわせて現れるからです。

 

育毛シャンプーは、頭皮の不要な汚れを除去しながら、髪に栄養を与えるという性質を持っています。髪に栄養を与えるというのは、化学的な薬品効果で人工的に髪をぐんぐん伸ばすというのとは意味が違います。

 

もしも、そのような薬があったらの話ですが。健康的にできるだけ自然な力で髪に栄養を効果的に送り届けることで、育毛を促すというのが育毛シャンプーの考え方です。そのため、髪の周期を無視するわけにはいかないのです。

 

シャンプー類の中でも最も多く売られている石油系のシャンプーは、キッチン用洗剤と同じような成分だと思って間違いありません。安い石油系の原料には合成の界面活性剤が含まれ、これによってよく泡立ち、よく汚れが落ちます。

 

水と油を離れないようにする薬品ですから、ムリヤリ汚れを引き剥がすのと一緒なのです。これを毎日使って、汚れが落ちてスッキリしたと安心していると、後々とんでもないことになるリスクが高いのです。

 

それは、頭皮に最低限必要な皮脂まで洗い落としてしまうからです。頭皮に必要な皮脂がなくなってしまうと、乾燥がひどくなり、フケが発生しやすくなります。

 

そこで、脳が異常を察知して、もっと皮脂を分泌せよと命令を送るのです。すると皮脂が過剰に分泌されて、今度は余分な脂が毛穴に詰まってしまうなどのトラブルが起こります。こんな悪循環を繰り返していては、育毛どころか抜け毛の原因を自ら作っているようなものです。

 

育毛シャンプーの素材は、石油系シャンプーのように刺激の強い化学薬品が使われていません。泡立ちが少なく、汚れ落ちもマイルドに物足りなく感じるかもしれません。

 

しかし、これが正常な汚れの落ち方で、頭皮のためにはちょうどよいのです。育毛の効果も、人それぞれのヘアサイクルにあわせて感じられてくるはずです。